index




■中国現代史研究会について
中国現代史研究会 新会
本年度の学会事務局
中国現代史研究会事務局・会費振込先
■入会のご案内




中国現代史研究会について


中国現代史研究会(第一期代表、芝池靖夫)は、関西一円を生活圏とする中国近現代史研究の研究者が中心となって、日中学術交流と日本における中国研究の発展を促進する目的から『解放日報』の輪読会として1969年秋に発足しました。

1973年、共同研究テーマとして「中国における解放区の社会経済史的研究」を設定、1978年4月には『中国社会主義史研究』(ミネルヴァ書房、芝池靖夫編著)を出版しました。


第二期(代表、池田誠)は、1980年春の研究合宿にて発足し(会員約15名)、4月には『中国現代史研究会会報』第二期第1号を創刊しました(第2号と第3号は『中国現代史研究会連絡ニュース』、第4号以降は『中国現代史研究会通信』。1994年3月の第64号まで発行)。

1980年2月に来日された呉承明氏(中国社会科学院経済研究所)との間で中国との共同研究プランが具体化し、1982年8-9月には「中国近現代史学術雑談会」を中国社会科学院経済研究所(北京)・南開大学(天津)・上海社会科学院経済研究所(上海)との間で開催し、27名の会員が参加しました(『中国近現代経済史・学術討論会参加論文集』を刊行)。

また『立命館法学』誌上に「翻訳シリーズ」を設け、活性化しつつある中国の学会動向を紹介しました(81年3月から96年2月までの間に合計24点を翻訳紹介)。

1987年5月、共同研究の成果として『抗日戦争と中国民衆−中国ナショナリズムと民主主義−』(法律文化社、池田誠編著)を出版しました(89年5月、李良志氏(中国人民大学)の尽力により同書の中国語版が求実出版社から出版されました)。この間、あわせて140回の研究例会を開催しました。


1994年3月、本会は第三期(代表:安井三吉)に衣更えしました。1996年4月、中国現代史研究会の二十五周年記念出版として『二十世紀中国と日本』(二巻)を法律文化社から出版しました。
上卷:『世界のなかの日本と中国』(池田誠・倉橋正直・副島昭一編)
下卷:『中国近代史の歴史と展望』(池田誠・安井三吉・上原一慶編)

『中国現代史研究会通信』は第三期第11号(1997年6月30日)をもって停刊し、『現代中国研究』ISSN1343-2656)にバトンタッチしました。
1998年4月より副島昭一、2002年4月より松野周治、2004年4月より上原一慶、2007年4月より田中仁が研究会代表(代表世話人)を務めました。

2007年10月、これまでの世話人会による会務処理体制を取り消して理事会を中心とする新たな体制に移行するため、臨時総会を開催して新会則を制定し、世話人会を解消するとともに「理事の選出方法に関する申し合わせ」を採択しました。12月、この申し合わせに基づいて理事・監事選挙を実施、2008年3 月の総会よって理事会を発足させました(理事長:田中仁)。

2012年からの新体制第二期は、馬場毅理事長の下で活動を継続し、2016年からは菊池一隆理事長が引き継ぐことになりました。会員は海外の特別会員を含め約190名、中国本土の学会、台湾や香港・韓国の研究者との交流も盛んに行なわれています。



2017年度 学会事務局


理事会:菊池一隆(理事長) 石黒亜維 梶谷懐 坂井田夕起子 高綱博文 田中剛 田中仁 馬場毅 日野みどり 三品英憲 渡辺直土

監事:西村成雄 安井三吉


事務局
田中剛(事務局長) 石黒亜維 岡崎清宣 小都晶子 梶谷懐 菊地俊介 坂井田夕起子 団陽子 中井明 根岸智代 三品英憲 渡辺直土 和田英男






編集委員
高綱博文(委員長) 梶谷懐 三品英憲(副委員長) 阿古智子 石黒亜維 内田尚孝 大野太幹 菊池一隆 坂井田夕起子 白石麻保 田中剛 田中仁 西村成雄 馬場毅 日野みどり 堀地明  やまだあつし 渡辺直土




会則
中国現代史研究会会則

1.名称:本会は中国現代史研究会と称する。
2.目的:中国近現代の歴史と社会に関する科学的分析・研究を行う。
3.事業:本会の次の事業を行う。
 会誌『現代中国研究』の発行
 シンポジウム・ワークショップおよび月例研究会の開催
 その他本会の目的を達成するために適当な事業
4.会員:本会の目的に賛成するものによって構成される。入会希望者は会員2名の推薦により総会で承認を得る。
 (2)会員は所定の会費を納入する。会計年度は4月1日から翌年3月31日までとする。1年以上会費を滞納したものは原則として退会とみなす。
 (3)会員は会員総会において本会の事業および会計に関する報告を議決し役員を選任する。
 (4)本会に特別会員を置くことができる。
 (5)本会に法人会員を置くことができる。
5.総会:総会は毎年1回以上、会員総会および研究総会を開催する。
6.役員:本会に次の役員を置く。任期は2年とし重任を妨げない。
理事 8〜10名(うち1名理事長)
監事 2名
 (2)理事は理事会を構成し、会務を処理する。
 (3)理事長は理事会において互選され、本会を代表する。
 (4)監事は本会の会計を監査する。
7.編集委員会:理事会は第3条に定める会誌発行に関わる事業を遂行するため編集委員会を置き、委員長と委員若干名を委嘱する。
8.事務局:理事会は本会の事務を処理するため事務局を置く。
 (2)事務局は事務局長の所属先に置く。
 (3)会計事務は事務局会計担当が行う。
9. 顧問:本会に会の運営その他必要な助言を得るために顧問を置くことができる。
10. 会則の変更:会則の変更は、会員総会出席者の3分の2以上の賛同を得なければならない。

(付則)
1)本会則は2007年10月27日より施行する。
2)1981年3月26日施行の会則(最近改訂1994年3月21日)は2007年10月27日をもって失効する。
3)会則第6条は2010年3月27日に改訂する。
4)会則4条(2)と7条及び8条は2016年3月27日に改訂する。

■理事の選出方法に関する申し合わせ
1.事務局は5名連記式の投票用紙と返信用封筒を会員に送付する。
2.会員は投票用紙を返信用封筒に入れ期日までに事務局に返信する。
3.理事会は投票結果をもとに新理事候補を総会に提案する。
4.総会はこの報告にもとづき理事を承認する。
5.理事の任期は2年とする。
(付則)
理事会発足以前にあっては,制度刷新委員会が理事会の権限を代行する。



入会申込

・入会手続きは、本会会員2名の推薦により、会費の納付をお願いします。
  (年会費は学生・院生・非常勤・退職者2500円、有職者4500円です)

・以下のフォームをコピーし、必要事項をご記入の上、まで連絡ください。

 氏名:
 (ふりがな)
 〒
 住所:
 自宅TEL:
 自宅FAX:
 職場TEL:
 職場FAX:
 E-MAIL:
 所属:
 現在の研究課題(20字以内):
 推薦者(本会会員2名):

折り返し、振込用紙と会誌をお送りいたします。

・本会会員に知人等のおられない場合は、一度、月例会または総会・シンポジウム等にご参加の上、事務局にご相談ください。



事務局

代表  :菊池一隆(愛知学院大学)
事務局 : 〒192-0395 東京都八王子市大塚359
         帝京大学文学部 田中剛研究室内
郵便振込口座: 00980-4-22508 中国現代史研究会
ゆうちょ銀行:099店 当座預金0022508
銀行口座: りそな銀行 新金岡支店 普通 6821485  中国現代史研究会
(銀行口座に振込む場合、下記のアドレスにメールで「会費納付」とご一報ください)


■ホームページ・『現代中国研究』バックナンバー・入退会・会費等についてのお問い合わせ